<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

学校はやっぱり聖域なんかではない

我が子が 酷いいじめにあった事

こどもたちだけではなく 教員からも…


でもそれだけでは このブログを立ち上げなかったかもしれない




こどもがいじめにあった頃
その「いじめ」に苦しんでいたのは 我が子だけではなかった

いじめによって 自殺に追い込まれた子
自殺を予告する子

苦しんでいる子供たちが 本当にたくさんいて

マスコミが それをあおっていると 報道の姿勢も問われた



そしてマスコミだけでなく 記者会見をして謝罪する学校の姿勢さえ 非難する
現役の教員がブログでこう叫んだ

「学校は聖域なんだ」
 「マスコミはそこに踏み込んではいけない」
「学校側も決して 
いじめを認めて謝罪してはいけない」


マスコミの追求も 学校がいじめを認めて公に謝罪するコトも
学校を混乱に陥れるだけなので

すべて現場の教員や当事者達だけに任せるべきであると
そうできる能力を 教員は持っている
わたしたちはそれが出来る・・・と


わたしはそれに対して 
『学校はすでに自浄能力を失っているのだから 現場だけに任せていてはいけない』
だから マスコミがそこで果たす役割はあるはずだと
誰かが その傷口を切り開き 膿をだすことをしなければならないと訴えた

当時 その言葉は 当の本人には届かなかったけれど…





その彼女は…

自分が指導している新米教員が ヒトのココロを全く理解できないだめな教員であること
それでもクビにできないこと
こどもたちが その犠牲になってしまうであろうコト

を さんざん嘆いている

こどもがどうしようもない教員に苦しめられたことを わたしがいくら訴えても
信じることをしなかったのに・・・


また 郊外学習の計画の中やその他の出来事で 公務員の無能力さを痛感したらしく

『公務員の能力の限界を感じた』
『このまま我が子を 公教育に任せる事ができないので 私立に進学させることを決意した』

やっぱりもう、「公」に完全に見切りをつけて
我が子は私立にやろうと心に決めた




ブログに高らかに宣言している


(当の彼女はまた 自分が美術館で騒いで注意されたことに対しても
その職員に対して「公務員って…」と逆恨みのコメントをしているので
どちらが悪いのか わたしにはわかりかねる…というか
やっぱりどっちも公務員だよなぁと 思うのが本音ですが;) 


そう 彼女自身も 彼女のダンナも 公教育の教員であるにも拘らず
我が子を公立に進学させる事ができないほど
公立の学校は 中身が腐っているのだ

我が子を通わせることすらできない学校のどこが
「聖域」なのだろう



もちろん私学だって いじめや不祥事がないわけではない
それでも 自由に選択する権利がああるし
公務員よりは容易く 問題教員の移動はできるだろう
改革にも たくさんの目がはいりやすい



やっぱり学校は 聖域なんかではないのだ
聖域として 閉じたままにしておいたら
腐敗はどんどん進んでしまう


地域の評議会も 教育委員会も
うまく機能しているとは思えない
教育委員会だって 同じ公務員であり 
互いにかばいあう体質は
いまだ変わっていないようだ


我が子は あと1年で高校を卒業する
大学では 専門を選び 今以上に学ぶ喜びを得る事ができるだろう


それでも 
いまだに「いじめもどき」の苦しみは続いているし

我が子ではなくとも いじめで命を絶つほど追い詰められている子供が
いまだにいることに 心が痛む



学校は決して 「聖域」 なんかじゃない



それでも この不況下 公立以外の選択肢を持たない人たちがたくさんいる


その公立学校の教員が 我が子を通わせられないと宣言する学校に
子供を預けなければならない 



そんな親の気持をいちばん判っていないのは
当の教員達だろう


自分たちは 保障された給与で 我が子を私学に通わせる選択ができるのだから…


そこに子供を預けなければならない わたしたちは

そこにしか 通えなかったことで 苦しみ続けているこども達を

どう救っていけばいいのだろう


少なくとも 学校を聖域として閉じたままにしてしまっていては
これからも 犠牲者が出続ける事は 間違いがない













 
[PR]
by advantage-you-can | 2009-03-25 15:57